本当の学力を

紳士

特に都会に住んでいる子供達のほとんどが、中学受験をしているようです。中学受験に合格する為に、受験の数年前から塾に通いだす子供も多いものです。有名私立中学や中高一貫の学校もたくさんあって、そういった学校のほうが公立の中学より高い水準の教育を最適な学習環境で受けられるというふうに考える親御さんが多いのでしょう。子供のほうも、将来に対して高い目標を持っている子だと、「お医者さんになりたい」とか「弁護士になりたい」という具体的なビジョンを想像しているようです。

親御さんとしても、このご時世、なるべく手堅い職業について安定した生活を送ってほしいと願うでしょうから、子供のこういった夢は全力で応援したいと考えるでしょう。そして、その夢の実現のために親としてできることを考えるのではないでしょうか。実際に勉強して受験をするのはお子さんのほうですが、親としては最大限のサポートと学習環境を用意してあげたいですね。最近の中学受験の傾向として、昔のようにとにかく膨大な知識や学力が必要な難問奇問はなくなって、考える力を重視したような問題が多く出題されています。とにかく単語や公式を暗記するとか、小学校で習わないような範囲まで勉強するとか、そういう学習は子供のためにならないということで、自分自身で考えて答えを導く力をつけることが求められているのです。このような本当の意味での「学力」を身につけるためには、やはり幼いころから自分で考えたり学ぶことは楽しいという感覚を身につけていることが重要かと思います。