3歳からの体得

勉強

子どもの将来を見据えて、いずれは中学受験をさせたいというように考えているのであれば、子どもがまだ小さいうちから「何かを学ぶことは楽しい」という感覚を身につけさせてあげるべきでしょう。学ぶことが楽しいとか、知らなかったことを知るのが楽しいなど、問題を解けるようになるのは楽しい、という感覚が薄いと、勉強というのは本当に苦痛でしょう。いくら親御さんが将来のために受験させたいとかそんな風に思っていても、勉強が嫌いな子供に受験勉強を強いるのは大変です。

いくら親御さんが強く希望しても、本人の意志とやる気がなければ、親のサポートなんて何の意味もありません。そのため、幼い頃から、勉強は楽しいという意識を持たせるためにも、ぜひぷちドラで学ぶ楽しさ、学習の土台を作ってあげるようにしましょう。とはいっても、ぷちドラは何も英才教育のようなものではありません。三才の子供に英語を教えるとか、そういうこととは違います。内容としては、シールを張ったり、数を数えたり、色を塗る、形を覚えるなどの内容ですが、それがひいては数字や文字に対する興味につながったり、数字や文字という概念を理解することにつながるんです。このような内容なので、お子さんにとっては遊びの1つとしてストレスにならずに続けることができるでしょう。そしてそれが幼少期の大切な自己形成にいい影響を与えるんです。幼児教育としてのぷちドラは非常に意味があるんですよ。中学受験に狙いを定め、子供が興味を持ちやすいぷちドラを利用する家庭が増えています。